葬式について

葬式と時代の流れを考えましょう

葬式は時代を反映しているという考えられます。
時代と共に変わってきていると言えるでしょう。
その時代に合わせ変化してきている代表的なもでしょう。
以前では考えられなかった家族葬や一日葬なども時代の反映でしょう。
核家族化し、近所付き合いが減り、町内会などに所属しない世帯増えるなどの理由で、都会では親族だけの葬式が受け入れられます個人や家庭で価値観が違ったり、宗教観が違い、葬式のやり方も違います。
インターネット環境などの発達で、地方にもそうした考え方が広がってきています。
良い悪いは別に、葬式だけでなく儀式全体が全体的に平均化してきています。
地域の特徴がなくなり、昔からの作法や考え方が変化して、どこでも同じような葬式が行われるようになってくるものと考えられます。
近所や町内会で盛大行われる一般葬から家族葬や一日葬への動きは、このような時代的な背景が大きく反映していると言えます。
とは言っても、葬式は故人との別れの儀式であることの意義は変わりません。
様式が変わり色々な形態があったとしても、葬式が別れの儀式であるのです。

Copyright© 葬式 All Rights Reserved.